ファッション

「女の子も入りやすい」と古着ファンから支持されていたショップが大名に復活!

2015年11月09日 18:00 by 山内淳

90年代前半から大名紺屋町通りで親しまれていた古着店『SHERRY’S(シェリーズ)』。残念ながら5年ほど前に閉店してしまっていたのですが、上人橋通りにある古着とアンティーク雑貨店「AURA(アウラ) clothing&antieques」の姉妹店として10月4日に復活しました。

『SHERRY’S』で扱う古着は、アメリカ西海岸から仕入れたもので1960〜1990年代が中心。中にはもっと古いヴィンテージアイテムもいくつかあったりします。古着というとコーディネートが難しいと感じる方が多いかと思いますが、こちらには普段着と合わせやすく、1点からでも気軽に取り入れられるアイテムが充実しているので、古着初心者でも安心です。

ガラス張りの造りで店内は明るく、商品構成の男女比はほぼ半々。ユニセックスなアイテムも多いので、女の子も入りやすい雰囲気です。ブランドにはこだわらず、日常の生活に取り入れてもらいたいファッションやインテリアを提案しています。

ほかの人とカブらない、個性あふれるファッションを楽しめるのが古着のいいところ。全身コーデはもちろん、1アイテム取り入れるだけでもガラリと印象が変わって“自分らしい”スタイリングとなります。古着の魅力について尋ねると、「TPOにとらわれない自由度の高さ」と店長の石津伸一さん。スタッフの瀬木まなさんは「新品にはない、味のあるボロさがいい」と話してくれました。

古着ファン待望の復活となった『SHERRY’S』は、以前と同様に古着が好きな人、洋服が好きな人が集まるショップとして人気を集めそうです。




【1】石津さん(左)と瀬木さん(右)によるコーディネートの提案を参考に、古着ファッションを楽しんで
【2】今のシーズンはニットやアウターなどの冬物が充実。シューズやアクセサリーもあります
【3】大名に『SHERRY’S』が帰ってきました

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

SHERRY’S(シェリーズ)

住所 福岡市中央区大名1丁目2−36  selva西大名ビル101
TEL 092-716-5591
営業時間 12:00〜20:00
定休日 なし
URL http://sherrys.exblog.jp/
PAGE TOP