ファッション

今季絶対的キーワード、ミリタリー・ファッションのすすめ!

2015年11月05日 08:00 by simoonu(シモーヌ)

今年の秋冬はいつもに増してミリタリーブーム! メンズファッションのみならず、レディスにもその波は起きていて、軍モノのワークパンツやMA-1のジャケットをコーディネイトに取り入れるのが旬スタイル。特に、レディスはメンズライクなアイテムが流行っていて、女性らしい深めのVネックニットにダボッとしたワークパンツを合わせて、ファーのクラッチバッグを片手に持つ…なんてミックススタイルが主流。さて、そんなトレンドに敏感なミリタリー初心者から本格的に好きな人まで、とっておきの一着が見つかるスポットをご紹介します!

天神から西鉄バスで約10分、清川三丁目の日赤通り沿いのとあるビル。もしかすると通り過ぎる人がいそうなほどさりげない佇まいで、倉庫の一部をショップとして構えている『WIP(ダブリュー・アイ・ピー)』。こちらは10月中旬にオープンしたばかりのニュースポットだけど、実は15年前からミリタリーアイテムを発信し続けている業界では有名なショップなのです。警固のアークタウンの2階から始まり、その後は薬院、白金、清川と、規模を拡大しながら展開し、現在のビルの2階に店舗を構えていたところ、このたび1階に移したというわけ。

インダストリアル感が漂う店内には、米軍のデッドストックの服やインテリア雑貨、ミリタリーと言えばの有名ブランドのウエアがずらり! あまり見ないデザインの軍モノのパンツやアウター、《ヒューストン》のM-51モッズパーカーコート、《アヴィレックス》のトップガンモデルのG-1レザージャケット、《アルファ》のMA-1ジャケット、《ショット》のPコート…など、とにかく男性が心奪われそうな“お宝”の数々がギュッと詰まっています。またオリジナルブランド《WIPER》のMA-1、フライトジャケット、カーゴパンツなども揃い、日本人に合わせたサイジングなので着た時のシルエットがとてもキレイ。このように、多彩なラインナップから商品を選べるのも嬉しいですよね!

また一部《Lee》《チャンピオン》《ラングラー》といったアメカジブランドもセレクト。ハードな印象のミリタリーのアイテムと組み合わせることで、普段使いしやすいスタイリングを提案しています。MA-1のジャケットなどはレディスサイズもあるので、この冬、旬スタイルにトライしてみたい人にもオススメですよ。






【WIP(ダブリュー・アイ・ピー)】
●住所:福岡市中央区清川3-26-17 WAIPERビル1F
●電話:092-791-5252
●営業時間:12:00〜20:00
●定休日:なし





【1】ミリタリーと言うと太くてゴツめのものが多いけれど、オリジナルブランド《WAIPER》のウエアは日本人の体型に合わせて作られているため、シルエットがキレイで普段使いしやすいのが特徴。MA-1ジャケット、デッキジャケット、フライトジャケットなど、デザイン性と防寒性に優れたアウター商品が充実しています。
【2】《ショット》のレザーのライダース。クールで辛口な雰囲気がカッコいい。色合いが良いデニムパンツと合わせたい一着。
【3】自社のオンラインショップでは3000点ほどの商品を展開する中で、こちらのショップではより厳選したアイテムを見ることができますよ。

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP