映画トピックス

抽選で劇場鑑賞券や原作本が当たる!映画「起終点駅 ターミナル」公開記念キャンペーン

※このイベントは2015年11月30日(月)をもって終了しました。

2015年10月28日 15:00

「終着駅」はやがて「始発駅」になる。誰の人生のなかにも終点と起点があり、終わりだと思っていた場所が、始まりの場所になる——。

果ての街・釧路で、人生の終わりへと向かっていたはずの男と女が出会い、孤独を分かち合い、
そして再びそれぞれの人生の一歩を歩きはじめる感動の物語「起終点駅 ターミナル」は、11月7日(土)より全国ロードショーです。

映画の公開にあわせて、現在特設サイトで“あなたの心の「起終点駅 ターミナル」”〜写真と一言を添えて〜WEB投稿企画が開催中。あなたが思い描く、心の「起終点駅 ターミナル」の写真と一言を添えて応募すると、抽選で素敵なプレゼントが当たります!

★11月1日(日)までに応募した方には……
映画「起終点駅 ターミナル」劇場鑑賞券×10名様

★11月2日(月)以降に応募した方には……
「起終点駅 ターミナル」原作文庫本(小学館刊)×5名様

▼ご応募はこちらから!
http://www.direct-ns.co.jp/terminal/

◇◇

映画「起終点駅 ターミナル」

【あらすじ】
 北海道・旭川。裁判官の鷲田完治(佐藤浩市)のもとに、学生時代の恋人だった結城冴子(尾野真千子)が被告人として現れる。彼女に執行猶予付きの判決を与えた完治は裁判後、冴子が働くスナックに通い逢瀬を重ねるようになる。2年の北海道勤務を終え、妻子の待つ東京へ戻る日が近づいていた完治は、すべてを捨てて冴子と共に暮らしていこうと決める。しかし、冴子はその想いに応えることなく、完治の目の前で自ら命を絶ってしまう——。
 それから25年。完治は誰とも関わることなく、釧路で国選弁護人としてひっそりと生きていた。そんなある日、弁護を担当した若い女性、椎名敦子(本田翼)が完治の自宅を訪ねてきて、ある人を探して欲しいと完治に依頼してくる。個人の依頼は受けないと心に決めて生きてきた完治だったが、家族に見放され、誰にも頼ることなく生きてきた敦子の存在は、ずっと止まったままだった完治の心の歯車を少しずつ動かしていく。そして敦子もまた、完治との出会いによって自分の生きる道を見出していくのだった。

【公開】2015年11月7日(土)より、T・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13ほかにて全国ロードショー

【映画公式サイト】http://www.terminal-movie.com/




©2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

“あなたの心の「起終点駅 ターミナル」”〜写真と一言を添えて〜WEB投稿企画EVENT

期間 ~2015年11月30日(月)
●キャンペーンサイトURL:http://www.direct-ns.co.jp/terminal/
PAGE TOP