グルメ

桜坂から「甘い驚き」を携えて春吉へ移転

2015年10月28日 10:00

桜坂の坂の上で営業していた「パティスリー・ジョルジュ・マルソー」が2015年9月に春吉エリアへと移転してきました。食材にこだわる大手門のフレンチレストラン「ジョルジュ・マルソー」のパティスリーということで、内装は「自然」をテーマに木目や土間を取り入れたナチュラルさとクラシカルな雰囲気が融合しています。

そんなシックな店内ではショーケースのケーキがひと際輝いてみえます。「甘い驚き」をコンセプトに伝統的なフランス菓子をベースにしながら、食材の組み合わせや食感などで新感覚の一品を生み出しています。「スイーツを通して幸福な時間を届けたい」という想いを胸に、江藤元紀シェフパティシエをはじめ、スタッフ全員でスイーツの可能性を探る日々です。

その挑戦のひとつがイートイン限定の「アシェット・デセール」(ドリンク、焼き菓子付き2370円)。皿盛りのデザートを意味するフランス語で、2カ月ごとにシェフのスペシャリテが用意されます。また食材探しにも余念がありません。時には九州の生産者の元を訪れて直接フルーツなどの食材を分けてもらうことも。卵なども「地素材」にこだわり、九州の食を大切にしたラインナップはきちんとした高級感があるのに、親しみやすさも感じられます。自分へのご褒美にも、誰かへのギフトにも、幸せを運んでくれるスイーツがきっと見つかります。
 

(取材・文:生野朋子)

 





【1】ショーケースの生ケーキの他、焼き菓子も充実。九州7県の素材を使った「野菜クッキー」も人気です。
【2】イートインスペースは12席あり、甘い香りに包まれながら優雅なスイーツタイムを楽しめます。
【3】「栗とさつまいものモンブラン」(440円)。バターとさつまいもたっぷりの生地にカシスジャムのアクセント。栗とさつまいもダブルのクリームが豊かな風味を添えます。定番人気の「ジョルジュサンド」(420円)はピスタチオの生地とフランボワ—ズチョコレートをサンド。

 

プレイス情報PLACE

パティスリー ジョルジュマルソー

住所 福岡市中央区渡辺通5丁目8−19 マイスタア5−1F
TEL 092-741-5233
営業時間 10:00〜21:00(喫茶はOS20:30)
定休日 月曜
PAGE TOP