イベント | アート

モノクロの美しい舞踏画。生島国宜氏の個展が開催中。

※このイベントは2015年10月4日(日)をもって終了しました。

2015年09月27日 08:00

福岡在住の画家・生島国宜氏が、春吉のエスプレッソスタンド&ギャラリー『TAGSTÅ』にて個展を開催中。今回の個展は、ある音楽家とある舞踏家との関わりから出発している作品が並ぶ。

ある音楽家とはMichitoki KTのこと。2015年に主宰レーベル『KARTONE』からCDをリリース。このレーベルは、Michitoki KTが作品のコンセプトに適うアーティストを選択し、音楽のみならず多層的な表現を目指していて、その第一弾アルバムのジャケット制作を託されたのが生島氏。彼は舞踏家の松岡涼子に依頼してあらかじめ制作された三曲を聴いて舞踏を行ってもらったそう。彼女の舞踏を撮影し、それを元にモノクロで描いたのが『白紙』シリーズで、今回は静なる躍動感に満ちた、これらの作品を披露する。

繊細かつ躍動感に満ちたモノトーンの世界。美しい舞踏の影に、潔さと力強さを感じて…。


生島国宜(ixima kuniyosi)
福岡県春日市出身。2003年武蔵野美術大学油絵科卒。
2006年より福岡でアート活動をスタートし、ライブペイントや個展を多数開催。クラブなど音楽シーンとのコラボレーションも行い、インスタレーションや映像、立体作品、DJイベントなどジャンルレスなアート活動を展開。
さまざまな角度から捉えた舞踏家の姿をモノトーンで描く。それは繊細で美しく、ある種の格好良さに通じるものもある

生島国宜 個展「白紙」EVENT

期間 2015年9月18日(金)~2015年10月4日(日)
時間 7:00〜20:00
●会場:TAGSTÅ

プレイス情報PLACE

TAG STA(タグスタ)

住所 福岡市中央区春吉1丁目7−11 スペースキューブ1F
TEL 092-724-7721
営業時間 7:00〜20:00
URL http://www.tagsta.in/
PAGE TOP