グルメ | 映画トピックス

「オーバカナル 博多」でリモナードを飲んでもらえる“チャップリンからの贈りもの”!

※このイベントは2015年9月5日(土)をもって終了しました。

2015年08月21日 08:00 by JUN

本場パリの雰囲気と味が楽しめるおしゃれなカフェ「オーバカナル 博多」では、特製のリモナード、もしくはリモナードを使ったドリンクを注文すると、先着で映画「チャップリンからの贈りもの」の特製グッズがもらえるフェアを実施中!

「チャップリンからの贈りもの」は1978年に起きた“チャップリンの遺体誘拐事件”を、遺族の全面協力のもとヒューマンドラマ化した奇跡の映画!貧しい移民の2人組による犯行という事実を元に、コミカルなユーモアとほろ苦い人間味が加えられ、常に弱者の味方だった喜劇王・チャップリンへのオマージュにあふれたストーリーです。

映画特製グッズは、「オーバカナル 博多」で以下のメニューのいずれかを注文するともらえます。爽やかに喉を潤しながら、映画の世界観にも触れてみませんか?

《特定メニュー》
★リモナード…550円(税込)
★ディアボロマント(リモナード&ミントシロップ)…650円(税込)
★ディアボロカシス(リモナード&カシスシロップ)…650円(税込)

《プレゼント》※いずれかを先着にて
1.チャップリンの名言入り特製コースター
2.非売品プレスシート

※フェア期間は8月15日(土)より、プレゼントがなくなり次第終了

◇◇

■「チャップリンからの贈りもの」

【あらすじ】
スイス・レマン湖畔の小さな町に暮らすオスマン(ロシュディ・ゼム)は、刑務所を出所した親友のエディ(ブノワ・ポールヴールド)を自宅に迎えた。二人は移民のため生活が貧しく、しかもオスマンの妻は入院中であったが、それでもオスマンはエディが住むためのバラックを用意し、その代わりにエディはオスマンの小さな娘サミラの世話を引き受けていた。そんな折テレビで、同じ町に住んでいた喜劇王・チャップリン死亡のニュースが流れた。その莫大な遺産と、貧しい移民の放浪者を演じるチャップリンの姿が何度も報じられるうちに、エディは埋葬されたチャップリンの柩を盗んで身代金で生活を立て直そうと提案。それに対してオスマンは弱気であったが、妻の治療費欲しさのあまり、二人で決死の犯行へと突き進む——。

【公開】2015年8月22日(土)より、KBCシネマ1・2にてロードショー

【オフィシャルサイト】http://chaplin.gaga.ne.jp/




©Marie-Julie Maille / Why Not Productions

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

映画「チャップリンからの贈りもの」プレゼントフェアEVENT

期間 2015年8月15日(土)~
(グッズがなくなり次第終了)<br />
●営業時間:10:00〜22:00(L.O.21:30)<br />
●実施店舗:オーバカナル 博多(福岡市中央区天神1-4-1 大丸 福岡天神店1F)<br />
●URL:http://www.auxbacchanales.com/
PAGE TOP