イベント

グラノーラ〈FRUCTUS〉のデザイン展がとってもディープ!

※このイベントは2015年8月11日(火)をもって終了しました。

2015年07月31日 21:00 by simoonu(シモーヌ)

朝ごはんや小腹が空いたときにピッタリのシリアル食品「グラノーラ」。ここ数年で日本のライフスタイルにも馴染み、スーパーやカフェでもよく目にする存在となったこのグラノーラですが、数ある商品の中でも福岡のブランド〈FRUCTUS(フラクタス)〉は国内でもいち早く目をつけ、グラノーラブームの火付け役ともなったブランド。薬院に加工所を構え、上質な材料、とりわけ旬のものや地元のものを使ってグラノーラが手作りされています。また、かわいい包装紙やパッケージ、ブリキ保存缶やボウルなどの関連グッズも人気!

そんなFRUCTUSが薬院の加工所にて、これまでの軌跡をたどる展示イベントを開催。ブランドのロゴ、イメージを伝えるキャッチコピー、デザイン性が高い袋・箱・包装紙、グラノーラ保存缶、楽しく食べるための器やスプーン…など、FRUCTUSを象徴する“モノ”を振り返りながら、それに関わったその道のプロとのやりとりを交えながら紹介していくのだそう。
プロダクトづくりに関わった面々が豪華!
・PAPIER LABO.
・Noritake
・トモミツメグミ
・加藤製作所
・GELCHOP
・ONE KILN CERAMICS
・crate
・studio prepa
・AKIHIRO WOODWORKS
・WHYTROPHY
・TEMBEA
・CGM
・MUTSUKADO FAB STATION

加工所の展示イベントでは、Noritakeさんの28枚の原画をはじめ、プロダクトのラフ案や設計図などを公開しながら、過去から現在に向けてFRUCTUSの歴史を振り返ります。デザイン・構成力・表現法・作風など、いろんな人があらゆる面で楽しめ、さらに特別にこの時だけの物販も!
Noritakeさんの公式ウェブサイトのみで販売していたグラノーラ保存缶(グラノーラ入り)、そして鹿児島の3人の作家、crate 盛永さん・ONE KILN CERAMICS 城戸さん・AKIHIRO WOODWORKSジンさんによる別注スプーンが販売されます。

グラノーラが好きな人はもちろん、Noritakeファン、クラフト好き、クリエイティブなことに興味がある人はぜひ、FRUCTUSのクリエイティブな事柄に触れられるこのイベントを覗きに行ってみてください♪




グラノーラ=“食品”という概念を越えて、味も外見もイメージもすべてを含めて1つの“プロダクト”として発信しているのがユニークで、全国誌やウェブマガジンでも特集が組まれるほど人気のFRUCTUS。今回の展示イベントでは、グラノーラを彩るパッケージやグッズに焦点を当て、プロダクトづくりに関わる作家との物語や背景が覗けるようになっています

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む

FRUCTUS PRODUCTSEVENT

期間 2015年8月1日(土)~2015年8月11日(火)
時間 13:00〜17:00
●会場:FRUCTUS 加工所

住所:福岡市中央区薬院1-6-33 修和ビル2F

(1Fに「ナポリの釜」が入っているビルの2F左奥です)
PAGE TOP