アート

過去最大級の大作も!画家・田中千智の2年ぶり個展「はてしない物語」が開催、トークイベントも。

※このイベントは2015年7月7日(火)をもって終了しました。

2015年06月22日 18:00

福岡で制作活動を続ける画家・田中千智は、国内外様々なアートフェアで評価を集めるほか、昨年の「福岡アジア美術トリエンナーレ」出展や、“本のお祭り”イベント「ブックオカ」でのブックカバー画書き下ろし、「トーキョーノーザンライツフェスティバル」メインビジュアルを2011年より担当し続けるなど、高い実力と独自の作風によって精力的な活動を続けています。
そんな彼女の、福岡では2年ぶりとなる個展「はてしない物語」が、7月2日(木)より福岡アジア美術館にて開催されます。

今回展示される作品はすべて新作。なかには2メートル近くもある120号や130号のキャンパスを15枚も使った過去最大級の大作も。期間中には会場内で公開制作も行われます。

また初日となる7月2日(木)には、上記「ブックオカ」での交流を端に発し、同イベントの実行委員長も務める書店ブックスキューブリック店主の大井実氏とのトークイベント『画家と本の交わるところ』も(19:00〜)。是非作品鑑賞とともに楽しみたい!

【画家と本の交わるところ】
●スピーカー・話し手:田中 千智(絵描き)
●聞き手:大井 実(ブックスキューブリック 店主)
●日時:7月2日(木)19:00〜
●会場:福岡アジア美術館 企画ギャラリーC


[1]2年ぶりの個展、必見です
[2]田中千智さん。期間中は公開制作も!

はてしない物語EVENT

期間 2015年7月2日(木)~2015年7月7日(火)
時間 10:00〜20:00(※最終日は18:00まで)
料金 無料
●会場:福岡アジア美術館

PAGE TOP