映画トピックス

映画「お江戸のキャンディー」広田レオナ監督&高橋ひろ無さんが来福しました

2015年06月03日 12:00 by JUN

あの広田レオナさんが監督を務めたことでも話題となっている映画「お江戸のキャンディー」が、ついに福岡に上陸!中洲大洋にて絶賛公開中です。

「お江戸のキャンディー」は、「白鳥の湖」をベースにした、美しき男たちの真実の愛の物語。広田レオナ監督の美意識がふんだんに盛り込まれた、唯一無二の世界観にハマる人が続出中!ビジュアルの美しさには特にこだわって作られていて、“ボーイズラブ(BL)”というカテゴリに偏見を持って食わず嫌いすると、絶対に損!ポップでクセになる映画です。

このたび映画の公開に合わせて来福した広田レオナ監督と、“フリ松”役の高橋ひろ無さんにお話を伺いました。

◇◇

——設定が新しいと思いました。
監督:ありがとうございます。人の真似は嫌なので、いつも、見たことが無いものを自分が作りたい、見たいという欲求があって。私はどちらかというと音楽から入っていくタイプなんだけど、色んなことを組み合わせていって、BLという設定に「白鳥の湖」を重ねていきました。一人二役の白鳥太夫と桔梗が、オデットとオディール。フリ松はジークフリート王子で、六条近々正はロットバルトから名付けています。

——監督からはどんな演技指導が?
高橋:この作品にはビジュアル的なものや、台本上の活字だけでは分からないものがたくさんあって、僕はかなり監督に委ねていたというか、“監督が思い描くものに近づこう”という感じでした。監督からは「美しくない!」ってダメ出しされて(笑)。演技のダメ出しというか、見た目のダメ出しなんです。
監督:「ブス!」って(笑)。
高橋:特に、僕と真山君(白鳥太夫役)はとにかく美しさを求められたので、それは特殊な感覚でしたね。
監督:フリ松については“私の中の王子様”というイメージで、でも王子と言っても人間だから、やっぱり色っぽい人に誘われたら浮気でもしちゃうでしょう?そういう、バカでスケベな、けれど男くさくて美しくて、そばに居たら気絶しちゃうようないい男、という設定を作ったのね。それに近づいて来い、という感じでした。

——福岡の皆さんへメッセージ
監督:博多弁は喋れませんけど、うちは先祖代々福岡の人間です。ぜひ、実は博多の血が流れている変わった監督の作品を観て頂けたらなって思います。
高橋:R指定がついていないので、東京で上映した時も、お母さんがお子さん連れで観に来られていたりして、結構楽しまれていたようです。
監督:男の子達がキャーキャー騒いでたよね。
高橋:キスシーンで「キャー」って(笑)。あと、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で「お江戸のキャンディー」が上映された時、次の回が「鉄道員(ぽっぽや)」だったんですが……
監督:そう、「鉄道員」のついでに私達の映画を観たんだよ。
高橋:結構な年齢層のおじいちゃん、おばあちゃんが観に来てくれて、おばあちゃん達は本当に喜んでくれましたよね。
監督:いくつになっても女の子って、綺麗なものが好きなんだなぁと思いました。もう私とか吹越とか目じゃなくて、皆こっち(高橋さん)の方に行くのね。「綺麗だったわぁ〜」って。
高橋:(おばあちゃん達から)手とかスリスリされて、梅沢富美男さんになったような気分でした(笑)。男が女役をやるのは、おじいちゃん・おばあちゃん達からしたら、歌舞伎を観ているような感覚なのかも知れないですね。映画を作っている時は、BLというカテゴリの中で、どうしても“腐女子がターゲット”というのが頭の中にありましたが、実際に公開してみたら、こんなに幅広い世代に楽しんでもらえることを実感しました。
監督:そうね。お孫さんがおばあちゃんを誘って観に来て欲しい。親子で観に来る人も多いです。それで、親子で推しメンが違うんですよ。娘はフリ松推しだけど、母は猫丸推し、とかね。
高橋:本当に、幅広い世代の方に観て頂いて、感じてもらいたいですね。


★『お江戸の沼から抜け出せない〜』と、観ないと元気が出ない“キャンディーロス”な中毒者が続出しているという噂の「お江戸のキャンディー」。おしゃれで耽美で誰にも真似できない、広田レオナ監督独自の世界観に浸ってみてください!

◇◇

【あらすじ】
深い森と川と滝に囲まれた、男ばかりの花のEDOワンダーランド。ある日、EDO髄一の美しさを誇る男花魁・白鳥太夫(真山明大)は、若衆茶屋「飴屋」の断トツ人気No.1のフリ松(高橋ひろ無)と出会い、ふたりは一目で恋に落ちた。“究極の愛を貫くには心中しかない”と言われていたこの時代、業を煮やした将軍・六条近々正(吹越 満)は【恋愛禁止令】を発布する。また、時を同じくして、身体に毛や角や刺青のようなものが生え、乱暴になる原因不明の奇病「くるうじんぐ」がEDOで流行して——。

監督:広田レオナ
キャスト:真山明大、高橋ひろ無、橋本 淳、南羽翔平、渡辺 潤、村上昂史、竹中直人、吹越 満
ナレーション:桃井かおり

【公開】中洲大洋にて絶賛公開中

【オフィシャルサイト】http://www.loveplace.jp/edocan/
 




©2014 ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル/Love Place

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP