映画トピックス

映画「トゥモローランド」の日本語版声優をつとめた志田未来さんが来福!

2015年06月01日 08:00 by JUN

 もし、あのテーマパークが未知なる世界への入口だとしたら……あなたはその謎を解かずにいられるだろうか?ウォルト・ディズニーが遺した最大の謎にして最高のプロジェクト“トゥモローランド”が、ジョージ・クルーニー主演により映画化!

 すべてが可能になるといわれる理想の世界“トゥモローランド”の謎を託されたのは、未来を諦めず冒険に憧れる17歳の少女ケイシー、トゥモローランドの存在を知る男フランク、そして、2人をトゥモローランドへと誘う謎の少女アテナ。映画「トゥモローランド」は、彼らの壮大な冒険を描いたミステリー・アドベンチャー超大作です。

 このたび、6月6日(土)の公開に先がけて、日本語版声優をつとめた志田未来さん(ケイシー役)が来福しました。「借りぐらしのアリエッティ」や「風立ちぬ」で声優を務めたことでも知られる志田さん。今回ディズニー映画の声優をやることが決まった時は、大好きなディズニーの仕事に携わることができて、嬉しい気持ちでいっぱいだったそうですよ!

◇◇

『声だけで演じるのはすごく大変なことでした』
 “アニメーションは息をしていないんだなぁ”と、実写の吹替えをやってみて初めて感じました。アニメーションの場合、決まった秒数で台詞を言う間、どのタイミングで呼吸をしても良いわけですが、実写の場合はケイシー役のブリット・ロバートソンさんの呼吸に合わせた上で台詞を言わないといけません。それから、相手に伝えているつもりで台詞を言っても、なかなか伝わっているように感じないと指摘を受けて、どうしたら声だけで伝わるのか……気持ちでは伝えているのに、表情が映らないから、声だけで全てを伝えなければいけないところが大変でした。
 今回、海外の映画の吹替えをやってみて、日本の映画にはないスケールのことが出来たのが楽しかったです。声だけですが、自分がケイシーになって、本当にトゥモローランドに行けたような気持ちになれたのは、海外の映画ならではのことだと思います。

『強い女の子・ケイシーに憧れます』
 私自身、ケイシーとはあまり共通点が無いのかなぁと思っています。ケイシーは本当に真っ直ぐで未来を諦めない、こうと決めたら突っ走っていく強い女の子ですが、私は途中で諦めたり、逃げ出したりすることもあるので……収録しながら、ケイシーみたいな女の子って良いなぁ、憧れるなぁと思っていました。
 ケイシーは活発な女の子なのでアクションも大きくて、格闘シーンの時などは、私も手や足を動かしながら声を出していました。ただ、音が出ないように、マイクから離れないようには気を付けていました。

『トゥモローランドが発信する、幸せな“未来”へのメッセージ』
 この作品は、ウォルト・ディズニーが、今の時代に生きている私達に投げかけたメッセージだと思っています。それをどう受け止めるかは、観た方によってそれぞれ違うでしょうけれど、皆さんそれぞれに感じてもらえるものがあると思います。
 私の“未来”という名前は、“この子に素敵な未来をあげられるように”という想いで母がつけてくれました。だから“未来”と聞くと、幸せな未来を想像します。「トゥモローランド」も、“未来を信じて強く生きていけば、その先にきっと良いことが待っている”というメッセージが込められていると思います。私の名前の由来とどこかリンクしている感じがするので、すごく嬉しい気持ちになりました。

◇◇

■『トゥモローランド』

17歳の少女ケイシーの持ち物に、ある日、見慣れないピンバッジが紛れ込んでいた。ピンバッジに触れると、ケイシーはたちまちテクノロジーの発達した未知なる世界へ……それは、彼女が夢見た世界へのチケットだった。しかし、バッテリー切れと同時に、ケイシーは見慣れた世界へと引き戻されていた。必死で夢の世界へと戻ろうとするケイシーの前に現れたのは、謎の少女アテナ。その世界“トゥモローランド”に再び訪れたいのならば、フランク・ウォーカーという男を訪ねるようにとアテナは誘う。だが、それは壮大な冒険の始まりに過ぎなかった——。

【公開】2015年6月6日(土)より、TOHOシネマズ天神、T・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、ユナイテッド・シネマ福岡ほかにて全国ロードショー

【オフィシャルサイト】http://www.disney.co.jp/movie/tomorrowland.html


© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP