映画トピックス | イベント

映像アートの祭典「イメージフォーラム・フェスティバル2015」今年も開催。見どころは?

※このイベントは2015年6月7日(日)をもって終了しました。

2015年05月25日 15:00

映像アートの祭典「イメージフォーラム・フェスティバル2015」が今年も福岡市総合図書館 映像ホール・シネラで開催。今年で29年目、福岡会場は20回目を数える本イベントでは、劇映画からアニメーション、ドキュメンタリーなど計81作品ものラインナップから組まれる16のプログラムが楽しめます。

どれも見ごたえ抜群のプログラムのなかでも特に今年絶対に必見なのが、プログラムJ:石田尚志映画作品集「驚異の部屋」(6/3水18:40〜)
5月末まで横浜美術館で大型個展「石田尚志 渦まく光」を開催中である画家・映像作家の石田尚志氏の代表作品が一挙公開となる注目プログラム。作家自らが実際に描いた描線が画面をなまめかしく埋め尽くしては消え、次々と抽象的なイメージを描いて移ろう様に思わず圧倒される、まったく体験したことのない映像体験が貴方を待っています。

そのほか、プールに集まる6匹の動物のシュールでナンセンスなアニメーション作品『プール』(プログラムO:世界の傑作アニメーション:無意識のダンス)や、独自の映像的発展を遂げる注目の中国実験映画シーンからカンヌ国際映画祭批評家週間でも高い評価を得たチベットの現状を撮った『バター・ランプ』(プログラムQ:中国実験映画事情2015)、哲学者スラヴォイ・ジジェクの2006年の『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的映画ガイド』に続く有名映画の引用からなるドキュメンタリーの続編『倒錯的イデオロギー・ガイド』(プログラムW、音楽はあのブライアン・イーノが担当!)など、必見の作品が満載。

劇場で体験することでまったく新しい知覚体験の窓が開かされる本映画祭。是非足を運び、全身でその映像を体感してほしい!

▼「イメージフォーラム2015」招待券プレゼント▼
本映画祭の招待券を抽選で3組6名様にプレゼント。
ご応募はこちらから(締切:〜5/28まで)>>http://tenjinsite.jp/presents/




[1]「プール」(ニキ・リンドロース・フォン・バール/15min)
[2]「スラヴォイ・ジジェクによる倒錯的イデオロギー・ガイド(ソフィー・ファインズ/136min)
[3]今年で福岡開催は記念すべき20回目!

イメージフォーラムフェスティバル2015EVENT

期間 2015年6月3日(水)~2015年6月7日(日)
時間 (6/3〜6/5)14:00〜/16:20〜/18:40〜 (6/6,7)11:00〜/13:10〜/15:20〜/(6/6のみ)17:20〜
料金 当日券:[1回券]1,000円[4回券]2,500円[フリーパス券]4,500円<br />
前売券:[1回券]800円[4回券]2,500円[フリーパス券]4,500円<br />
チケットぴあ Pコード(466-139)<br />
ローソンチケット Lコード(85309)
イベント公式URL http://imageforumfestival.com/
●会場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ<br />
PAGE TOP