グルメ

ゲストは1日最大9名まで。シェフ渾身のおもてなし

2015年05月21日 12:00 by 木下 貴子

春吉の裏路地。ビル自体は目立つけれど、2階という場所がやや隠れ家的で知らないと見過ごしてしまいそうです。そんな場所こそが、この店の狙い。というのも4月15日に新しくオープンした『クッカーニャ』は、店を知っている人のみが秘密に楽しめる“紹介制”のレストランなのです。

「リストランテ・ヒロ」で長年経験を積み、博多店では立ち上げから5年間料理長を務めた緒方俊文シェフが独立して開いた店。これまで働いたレストランとはうってかわって、わずか9席のカウンターのみの空間です。「大きな店舗ではお客様との距離が遠く、細かいところまで行き届きにくい。サービスも人任せではなく、自分で回せるような店をやりたかったんです」と緒方シェフ。“紹介制”にしたのも、「コース1万円からとけっこう上の価格帯なので、あらかじめうちのスタイルを知ってもらったうえで来ていただくのがいいかと」との配慮からです。

ディナーは1万円・1万5千円・2万円のおまかせコースのみ。モットーは、「高級食材をいっぱい食べてもらいたい」。高級食材をちょこっと…ではなく、その味をしっかり伝えたいと出し惜しみしません。また、予約時に苦手なものをうかがうのはもちろん、一度来られた方は同じ料理を出すことのないよう徹底管理。聞けば、オープンして1カ月ですでに7回リピートした方がいらっしゃって、もちろん毎回違う料理を出されたそうです。

1人で切り盛りとはいえお待たせすることがないようにと、コースは1日1ターンのみで、スタートは18時からの設定(難しい場合は18時30分スタートも可)に。7〜8皿(1万円の場合)を次々と仕上げ、20時30分にはぴしゃりと終幕と決めています。その手さばきと演出は、まるで魔法を見るよう!

1日9名までが味わえるとびきりの2時間30分。でも紹介される術がない…という方に朗報です。21時から23時30分の間だけ誰でも楽しめるよう扉を開きます(ラストオーダーは22時)。この時間の料理は、アラカルト。特にメニューはなく、日替わりで用意する肉料理のほか、リクエストを聞いて料理を出してくれます。「おまかせに近いアラカルトですね。この席数だからこそお客様の希望に応えられる。それを生かしていきたいです」。なおこのアラカルトタイムに訪ずれた方には、ディナータイムへの扉も開かれます。




【1・2】その日の食材で構成するおまかせコース。写真は1万円のコースからの例。上から「北海道産の毛ガニとウニとキャビアの冷製パスタ カニ味噌のソース」、「徳谷フルーツトマトとブラータチーズのカプレーゼ」。まさしく、高級食材がふんだんに使われています。
【3】緒方シェフの料理を生み出す姿が目の前で楽しめるオープンキッチン。シェフと気軽に会話できる距離感なので、この場で次回のメニューをシェフと一緒に組んでいくこともできます。ちなみに店名の『クッカーニャ』は、シェフが2年間修業したイタリアの店からいただいたもの。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

CUCCAGNA HAKATA(クッカーニャ・ハカタ)

住所 福岡市中央区春吉3丁目25−21  2−B
TEL 092-753-7509
営業時間 18:00〜(前日までの完全予約・紹介制)/21:00〜23:30(アラカルトタイム/OS22:00)
定休日 日曜(貸し切り予約相談可)
PAGE TOP