映画トピックス

その姿、リアル王子様!映画「シンデレラ」で日本語版声優をつとめた城田優さんが来福しました

2015年04月22日 08:00 by JUN

 「アナと雪の女王」「マレフィセント」のディズニーが、あのプリンセス・ストーリーの王道「シンデレラ」を実写映画化!勇気と優しさを持って自ら運命を切り開いていく、現代的な女性像を反映した新たなシンデレラが描かれ、より進化したラブ・ストーリーとして、4月25日(土)にいよいよ待望の全国ロードショーを迎えます。
 映画の公開に先がけて、日本語版声優をつとめた城田優さんが来福しました。映画の宣伝のために特別に仕立てられた衣装に身を包んだ城田さんは、どこから見ても完璧な王子様!そんな城田さんをお迎えして福岡の結婚式場「アルマリアン福岡」で行われた、キラキラな記者会見の模様をお届けします。

◇◇

『いつかディズニー映画の声優の仕事がしたいと思っていました』
 小さい頃からディズニー映画をずっと観てきて、10代の半ば頃から『いつかディズニー映画の声優さんの仕事がしたい』と思っていたし、しかも、ディズニーの代名詞である「シンデレラ」の王子役だったので、オファーが来た時には舞い上がりました。この作品の王子はすごく重要な役割なので、僕が演じることになって良いのかな?とも思いましたが、それ以上に、本当に嬉しいという気持ちがありました。
 今着ている王子の衣装は、なかなかこういう格好をすることが無いので、最初はすごく恥ずかしかったです。でも最近は慣れてきて、今は王子になりきって楽しめています。これを着ている間は「シンデレラ」の王子として、皆さまに素敵な時間を過ごして頂けるよう精一杯頑張りたいです。

『リチャード・マッデンが演じている王子に寄り添うような演技』
 基本的には、リチャード・マッデンが演じている王子のキャラクターにとにかく寄り添っていくというか、彼の日本人・日本語バージョンを目指しました。表情や動作、しぐさなど、すべて彼のお芝居なわけですから、そこにどれだけ日本語で同じような感情、同じような感覚、魂を込められるかを目指しました。やはり、それぞれの国の言葉や文化の違いで表現方法が多少違ってくるので、細かい感情表現なども非常に難しかったですね。

『“勇気と優しさ”で道を切り開く物語』
 この映画のテーマは、シンデレラの亡き母からの教えでもある“勇気と優しさ”です。シンデレラはこの教えを常に忘れずに、悲しいことや辛いことに立ち向かって、自分で道を切り開いていきます。特に頑張っている女性に観て頂きたいし、絵本やアニメーションでは描かれていなかった、シンデレラや王子の心の美しさや葛藤、苦悩なども描かれていて、世代や性別に関係なく楽しんで頂けると思います。動物たちやカボチャの馬車などが登場する魔法のシーンも非常に繊細に作られていて、僕も感動して涙が出るほどでした。ぜひ劇場で、この感動を体感して頂きたいと思います。

◇◇

■『シンデレラ』

 本当の魔法は、あなたの勇気——運命を信じるすべての女性へ贈る、本当の魔法の物語。
 誰もが幸せな気持ちになれる物語として新たに綴られるのは、ただ運命の人を待つだけではない、自らの手で勇気をもって運命を切り開いていく新しいヒロイン像。ガラスの靴に、カボチャの馬車、誰もが知っているロマンティックなイメージはそのままに、シンデレラの勇気と優しさから生まれる“奇跡の愛”が感動的に描かれます。絢爛豪華な衣裳と美術、超一流のスタッフ&キャストとのコラボレーションが可能にした、ディズニー・ラブストーリーの原点にして頂点。

【公開】2015年4月25日(土)より、TOHOシネマズ天神、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13、ユナイテッド・シネマ福岡、T・ジョイ博多ほかにて全国ロードショー

【オフィシャルサイト】http://www.disney.co.jp/movie/cinderella.html




© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

会場:アルマリアン福岡

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP