映画トピックス

映画「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」の松田龍平さん、阿部サダヲさん、松尾スズキ監督が来福しました

2015年03月30日 08:00 by JUN

4月4日(土)公開の映画「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」の主人公・武晴を演じた松田龍平さんと、村長の与三郎役・阿部サダヲさん、そして本作の監督・脚本をつとめ、本篇にも与三郎の過去を知るヤクザの多治見役で出演している松尾スズキさんが来福しました。

武晴(通称:タケ)は、『1円もお金を使わずに生きていく』という決意を固め、はるばる東京から過疎の小さな村“かむろば村”にやってきます。しかし、かむろば村は一見どこにでもある寒村ながら、村人はクセのある人々だらけ。中でも与三郎は、言動が荒っぽいながらも異常に世話焼きで、ことあるごとにタケを気にかけ、“ジヌ(=東北の方言で《銭》のこと)”を使わない生活を闇雲に実行しようとするタケを(少々乱暴だけど)フォローする姿は絶妙なコンビ感で、バディムービーさながら。笑えるシーンもたっぷり盛り込まれた、リアルとファンタジーの間をいくエンターテイメント作品です。

◇◇

「原作に描かれた“田舎ならではの温かさ、田舎だからこそ潜む闇”は、僕の演劇や小説にも通じるところがありました」——松尾スズキ監督
 元々、原作者のいがらしみきおさんに憧れて、演劇をやる前は自分でも4コマ漫画を描いていました。巡り巡っていがらしさんの原作を映画化することは、何かご縁があったのかなぁと奇遇なものを感じます。
 田舎ならではの温かさの反面、田舎だからこそ潜む闇の部分も描かれていて、シリアスとギャグがほぼ同じ比重で交互に描かれている作品は、他に類を見ないと思います。僕の演劇や小説などでも、やはりそれと手法が似ていて、人の影の部分が笑えたり、間抜けさがあったり……という描き方をしています。そういう意味で、いがらしさんの漫画と共通点が多いと思っていたので、映画化の話が僕に持ちかけられた理由が分かったような気がしましたね。(松尾スズキ監督)

「お金が無いと普段の生活が出来ないが為に突拍子もないことをやってしまうような、そういった滑稽さがあります」——松田龍平さん
 武晴は“お金が使えない”という設定が面白いんですが、もう少し上手いやり方があったんじゃないかなぁとは思います。わざわざ寒村(かむろば村)じゃなくて、南の方に行っても良かったんじゃないかって。ただ、お金が無いと普段の生活が出来ないが為に突拍子もないことをやってしまうような、そういった滑稽さがありますよね。自分一人で井戸を掘るとか無茶苦茶なことを考えて、理想を持っているんですけど、村長や村人たちに一蹴される様も面白くて、その温度差が出れば良いなと思いました。
 やっぱり“お金を使わない”のは究極の考え方だと思いましたし、まず一番大事なのは衣食住だということを改めて感じました。武晴みたいに、重ね着で東北の寒さを凌ぐなんて、普通の考えじゃないですよね(笑)。(松田龍平さん)

「劇中では、『変な東北弁喋るな』って怒るんですけどね」——阿部サダヲさん
 僕は、自分が出ていない松尾さんの作品に、他の〈大人計画〉の人が出ていると凄くやきもちを妬くんです。だから、松尾さんの映画に出られるのは嬉しかったですし、台本を読んでも本当に面白かったし、役的にも、最近あまり〈大人計画〉の中でやっていないような役だったので、やりがいがありました。
 方言の言い回しで特に苦労はしていません。かむろば村は東北のどこかという感じで、厳密に地域が指定されている訳でも無いし、キャストに東北出身の人(西田敏行さん、皆川猿時さん)がいらっしゃったので、ああいう感じで喋れば良いかなと。でも劇中では、武晴に『変な東北弁喋るな』って怒るんですけどね(笑)。(阿部サダヲさん)

◇◇

【あらすじ】
学校も病院も警察も郵便局も無い、過疎化が進む山奥の寒村・かむろば村に、“お金を1円も使わずに生きていくこと”を目的として、東京から1人の青年・高見武晴(松田龍平)がやってきた。彼が目指すのは、100万円で購入した崩れ落ちそうなボロ家で、完全な自給自足の田舎暮らし。そんな彼を自ら運転するマイクロバスで迎えに来たのが、村長の与三郎(阿部サダヲ)だった。言動は荒っぽいが異常なまでに世話焼きの与三郎は、電気も水道もガスも使わず、携帯電話も捨てたと言い切る武晴の無謀さに「おめ、死ぐぞ、ほでなす!」と怒声を浴びせながらも、放っておくことができない。そんな与三郎の美人妻・亜希子(松たか子)や、希少価値的存在の美少女女子高生・青葉(二階堂ふみ)、自他共に認める村の“神様”なかぬっさん(西田敏行)をはじめ、村人は一癖も二癖もある濃い顔ぶれ。そんな矢先、穏やかだったかむろば村に、与三郎の過去を知る不気味な男・多治見(松尾スズキ)が出現し、同時に村長選挙をめぐる陰謀が発覚して……!

【公開】2015年4月4日(土)より、T・ジョイ博多、KBCシネマほかにて全国順次公開

【オフィシャルサイト】http://www.jinuyo-saraba.com/
 




©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば 〜かむろば村へ〜』製作委員会

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP