舞台

第9回福岡演劇フェスティバル参加作品紹介!その1/不思議少年『棘』(熊本県)

※このイベントは2015年5月6日(水・休)をもって終了しました。

2015年03月23日 21:00 by 筒井あや

5月に開催される「第9回福岡演劇フェスティバル」の参加作品を、1演目ずつご紹介していきます。今回も福岡県内外から7団体が参加。演劇、ダンスなど様々な表現者たちが福岡に集結!気になった演目はチェックして劇場へGO!!

その1は、公募枠で選ばれた熊本県から参加の劇団、不思議少年『棘』。不思議少年とは2010年1月、代表・大迫旭洋の一人芝居『自立』で旗揚げ。以後、熊本を中心にさまざまな演劇活動に参加し、「笑い」と「切なさ」と「再発見」をキーワードに作品を制作。福岡演劇フェスティバルへは初参加となります。

今回の演目は『棘』。あらすじは
ある雨の夜。一人の女が死んだ。
「なんで私はこうなっちゃったんだろう」
彼女の口から、自身の人生が語られる。
それを見つめる一人の坊や。
坊やは彼女の思い出の中へと入ってゆく。
人生が終わる瞬間、彼女は何を思うのか。
きっとどこにでもいる、ある女の物語。

本作で日本演出者協会若手演出家コンクール2014で優秀賞を受賞。不思議少年の粋が詰まった二人芝居を届けてくれます。

公演は5月6日(水)西鉄ホールにて

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

不思議少年『棘』EVENT

期間 2015年5月6日(水・休)
時間 14:00・19:00
料金 一般前売-2000円 高校生以下前売-1000円

(一般当日-2500円 高校生以下前売-1500円)
●会場:西鉄ホール

お問い合わせ 不思議少年(TEL:070-5816-6997)
PAGE TOP