グルメ

パンとお酒と男前!?夜はバーになる大名の隠れ家パン屋

2015年03月29日 10:00

華奢でチャーミングな店主・久保さん。しかし彼女が焼くパンはずしんと重く、トングを持つ手が震えるほど。見た目は可愛く、中身は本格こだわり派。パン屋であり、帽子作家であり、母である久保さんとイメージが重なる。

人気のお野菜ベーコン170円は「キッシュなの!?」と思うほどの重量感。中にはベーコンとチーズがたっぷりで、男性も大満足する。男前な食べごこちだ。というのも「ナマケモノ」は夜、久保さんの夫が営むバーに変わる。「昼間、誰も使わないならと始めたパン屋なんです。だからバーのお客様の深夜の小腹を満たせるようなパンを作ったのかな」。営業は11時から売切れまで。気になるパンを手に入れるなら早めの時間に!

※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/




【1】バーのカウンターがパン台に早変わり。本誌スタッフが購入したタイ料理・ガパオのパンも重量級で極うま!メロンパンもずっしり幸せ。
【2】ナマケモノのイラストは六本松の紙屋さん「レガーロパピロ」作。「黒猫堂」の便箋と同じ作者。

プレイス情報PLACE

小さなパン屋 ナマケモノ

住所 福岡市中央区大名1丁目4−11  カームプレイス大名2F
TEL 092-725-0110
営業時間 11:00〜売切れまで(お昼頃)休
定休日 日曜不定休
PAGE TOP