グルメ

誰もが安心して楽しめる、優しさ溢れるレストラン

2015年03月09日 08:00 by 木下 貴子

今泉の「ホテル天神プレイス」に、新しくレストランが2月14日にオープンしました。オーナーシェフの友滝智彦さんは、広島や福岡のレストランでフレンチの道に進み、2008年に渡仏。2011年には、アメリカ・ニューヨークのフレンチイタリアンのレストラン(2013年、2014年版ミシュラン掲載)でヘッドシェフとして働き、この度独立して店を開きました。故郷の広島ではなく福岡に決めたのは、「人との触れ合いが温かい、住みやすい街。そして何よりも食材の良さ」と言います。「野菜も肉もですが、魚が断然美味しい。初めて生の青魚を食べた時は衝撃を受けました」。

料理は、フランスとニューヨークで経験を積んだフレンチイタリアンです。「身体にいいものを、美味しく食べてもらう」ことをずっと大切にしてきたという友滝シェフ。食材は惚れ込んだ九州産を中心に、有機野菜や無農薬野菜をできるだけ取り入れ、またその野菜で作ったオリジナル酵素をソースや食前酒に仕立てます。メニューはアラカルトもありますが、コースを中心に展開しています。「1皿では自分の気持ちが伝わりにくい。コースでいろんな食材や、様々な料理を楽しんでいただけたら」と話します。

なかでも注目したいのが「パスタ×パスタ×パスタ」のコースで、アミューズからデザートまですべてパスタを使って構成しています。パスタが続いても飽きる事がないように味に強弱をつけたり、食材でリズムをつけたり、またパスタだけどフレンチの要素を強めて表現したりと、さすがの腕前を見せてくれます。

身体に優しいをモットーにする友滝シェフは、人に対する心遣いも人一倍。アレルギーや苦手な食材などに対応するのは当然ながら、カロリーや糖質、塩分など食事制限されている人でも予約時に詳細を伝えると、栄養士と相談した特別メニューを用意することも可能です。「持病やアレルギーのある人でも、レストランという非日常的な空間を楽しめる場所があっていいんじゃないかと。独立した際には絶対にやりたかったことの一つです」。もちろん、お子様連れへの配慮も欠かせません。楽しく美味しいだけでなく、優しいひと時に包みこまれる…そんなレストランです。




【1、2】コース料理の一例。上から前菜の「ウニのカッペリーニと鮮魚のカルパッチョ」、肉料理の「むなかた牛のグリル りんごのソース」。コースの料理内容は、シーズンによって変わります。
【3】今泉という場所でありながら、静かな裏通りに位置しています。そのため、『エルミタージュ(フランス語で隠れ家)』という名が付けられました。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

Restaurant Hermitage(リストランテ エルミタージュ)

住所 福岡市中央区今泉1丁目2−23  ホテル天神プレイス1F
TEL 092-715-3128
営業時間 11:30〜14:30(OS14:00)/18:00〜23:00(OS22:00)
定休日 月曜
URL http://www.hermitage-tenjin.com/
PAGE TOP