まち

『マヌコーヒー大名店』の2階がアンティークワールドに!

※このイベントは2015年2月28日(土)をもって終了しました。

2015年02月19日 19:00 by simoonu(シモーヌ)

自家焙煎豆のコーヒーやカフェラテを味わえるだけでなく、福岡のカルチャー発信スポットとして数々のイベントを行なう『マヌコーヒー』。2月最後の期間限定イベントは、インテリアを楽しむ春を予感させる、とっておきの“空間”の催し。

2月21日(土)〜2月28日(土)、博多・中呉服町にあるアンティーク家具の『UNLOOP(アンループ)』と、ハンドメイドキャンドル『c’è c’è(チェチェ)』を迎え、2階のギャラリー&テイスティングルームにて「アンティークルーム」を公開する。期間中は、『アンループ』が欧州から買い付けてきたアンティークのテーブルや椅子が並び、いつもなら博多に行かないと見ることができないの商品を天神エリアで触れられます! また『チェチェ』による目にも楽しいキャンドルも並び、美しいキャンドルの灯火にココロが癒されそう。この「アンティークルーム」は一般開放していて、1階でテイクアウトしたマヌコーヒーのメニューを持ち込んでの休憩も可能。実際にアンティーク家具の商品は座ったり触れられるので、お家にいるような気持ちでコーヒーブレイクしてみては? 家具以外にオリジナルの照明をはじめ、お皿やオブジェ、ポスターなどの小物もディスプレイ。気に入ったものがあったら購入OK! 新しい季節を目の前に、インテリア探しをしている人も要チェックですよ♪




【1】ノスタルジックで温かみを放つアンティーク家具。そして色とりどりのキャンドルの揺らめく灯火。「アンティークルーム」では、寛ぎのインテリアを暮らしに取り入れるきっかけを貰えそう
【2】博多区中呉服町にショップを構える、ヨーロッパのアンティーク家具店『アンループ』。今回特別に、一部の家具がこの「アンティークルーム」に登場!
【3】いくつあってもまた欲しくなる『チェチェ』のハンドメイドキャンドル。ロウが溶けたときのイビツな形も、また味となってアーティスティックに見えるので、オブジェ的な役割も果たしてくれます

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む

Antique roomEVENT

期間 2015年2月21日(土)~2015年2月28日(土)
時間 12:00〜20:00
●会場:マヌコーヒー大名店 2階

プレイス情報PLACE

manu coffee大名店(マヌコーヒー)

住所 福岡市中央区大名1丁目1−3 石井ビル1F
TEL 092-732-0737
営業時間 8:00〜24:00 土・日・祝:10:00〜24:00
定休日 なし
URL http://www.manucoffee.com/
PAGE TOP