グルメ | ショッピング | イベント

“若旦那”が集結する「本和菓衆」開催!

※このイベントは2015年2月23日(月)をもって終了しました。

2015年02月14日 08:00 by S子

福岡三越地下2階「菓遊庵」で、2月16日(月)〜23日(月)まで開催される「本和菓衆(ほんわかしゅう)」。聞き慣れない名前に「?」と思う人も多いはず。

実はこの「本和菓衆」、岐阜県大垣の「田中屋せんべい総本家」の6代目,田中裕介さんが発起人となって、平成25年に結成した“若旦那”の会。現在、京都・三重・岐阜などから9店舗が参加し、創業から100年以上続く老舗の跡取り達が、伝統の味と技を大切にしながら、自由な感性と遊び心を発揮して、新しい和菓子を作り出しているんです!

2年前に日本橋三越で催事を実施し、福岡は初お目見え!期間中は今回のメイン・三重県「深川屋」の店主を始め、「本和菓衆」の若旦那たちが日替わりで来場し、熱い思いを込めてお菓子を販売します。

各店の若旦那のアイデアとセンスが光る自慢のお菓子を、ぜひ堪能してみて!

【今回登場するのはコチラ!】
●京都「井筒八ッ橋本舗」
●北海道「五勝手屋本舗」
●愛知「きよめ餅総本家」
●島根「彩雲堂」
●山形「乃し梅本舗 佐藤屋」
●岐阜「田中屋せんべい総本家」
●岐阜「つちや」
●三重「深川屋 陸奥大碌」
●三重「柳屋奉善」
(五十音順)


【1】370余年の歴史の中で「関の戸」というお菓子だけを一子相伝で受け継いできた三重「深川屋」から登場した初めての新商品。伊勢抹茶を丁寧に石臼で引き、和三盆と同じ細度に合わせ配合した「伊勢粉茶和三盆」を「関の戸」にまぶしてある。「お茶の香 関の戸」(6個入り601円)。【2】ミント茶葉を少し甘みのある生地に練り込み、ふんわりと焼き上げた、岐阜「田中屋せんべい総本家」の「ミント煎餅」(1瓶60g入648円)。爽やかな風味を楽しんで。

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

本和菓衆(ほんわかしゅう)EVENT

期間 2015年2月16日(月)~2015年2月23日(月)
時間 10:00〜20:00
●会場:福岡三越 地下2階 菓遊庵

プレイス情報PLACE

福岡三越

住所 福岡市中央区天神2丁目1−1
TEL 092-724-3111
PAGE TOP