映画トピックス

映画『味園ユニバース』の山下敦弘監督が来福しました

2015年02月13日 08:00 by JUN

大阪・千日前の歓楽街にそびえ立つビル“味園”のグランドキャバレー“ユニバース”。映画『味園ユニバース』の世界は、匂いたつような混沌と人情がミックスされ、絶妙な味わいを醸し出しています。

記憶をなくした主人公・ポチ男(本名:茂雄)を関ジャニ∞の渋谷すばる、ポチ男を保護するチャキチャキの浪速娘・カスミを二階堂ふみが演じ、彼らのバックを大阪で活動している実在のバンド・赤犬が固めるという、王道とニッチが見事に融合した本作は、『リンダ リンダ リンダ』『苦役列車』『もらとりあむタマ子』の山下敦弘監督が手がけたオリジナル脚本の映画。公開に先がけて来福した山下監督にお話を伺いました。

◇◇

はじめにプロデューサーから、渋谷すばる君を主役にした、原作ものではないオリジナルの映画の脚本を考えようという話がありました。軸にしたのは“歌”で、渋谷君の歌の才能、歌の力を映画でどう見せるかを考えました。本人には会ったことが無かったけれど、どこか陰があって尖ったイメージだったので、そこから茂雄のキャラクターがどんどん出来上がっていきました。あとは、渋谷君自身が大阪出身で、僕も大阪に住んでいた経験があるので、そろそろ“大阪”とちゃんと向き合って映画を撮ってみたいと思っていたんです。

カスミ役は、こういう(癖のある)映画なので、ネイティブの大阪の女の子とか、それこそ無名でも良いから大阪に根付いている女優さんとかの方が良いのかな?という考えもありましたが、やはり若くて実力のある女優さんということで、二階堂ふみにやってもらいました。この映画のキーワードでもあるカスミの口癖「しょーもな」という言葉は、僕が大阪に住んでいた時の、女友達の口癖だったんです。最初は否定的な意味で何度か言われて傷ついていたんですが、聞いていくとそんなに悪い意味じゃない場合もあって、照れ隠しの「しょーもな」もあるし、褒め言葉としての「しょーもな」もある。自分の中の大阪の思い出の中にこの言葉があったので、ぜひ使おうと思いました。色んなニュアンスがある言葉なんですが、そのあたりも二階堂はちゃんと表現してくれて、凄いなぁと思いました。

渋谷すばるの魅力や才能、力というものを出し切れた映画なので、ファンの方はもちろん観て欲しいんですが、寧ろ渋谷すばるを知らない人や、アイドルと遠い位置にいるような人達にこそ観て欲しいと思っています。多分、渋谷君にもそういう想いはあると思う。僕と渋谷君は音楽映画の難しさをお互いに凄く分かっていて、ライブの感動というものはライブでしか描けないんだけれど、でも、そこに近づけるように、映画でも負けない位のライブをやろうと目指していて、映画館でこの映画を観ている人も、ラストはライブ会場にいるような感じになれば良いなぁと思って作りました。ぜひ、ライブを観に行くような感じで映画館に来て頂いて、体感して欲しいと思います。

◇◇

『味園ユニバース』

【あらすじ】
大阪。公園でライブをしていたバンド“赤犬”のステージに、突然傷だらけの男(渋谷すばる)がふらつきながら現れた。男はいきなりマイクを奪うと、「あの頃は〜」と『古い日記』を歌い出す。その圧巻の歌声に、赤犬のマネージャー・カスミ(二階堂ふみ)は心を奪われた。歌い終わった途端に気を失ってしまった男は、記憶喪失と診断され、捨てておけなくなったカスミは、認知症のオジイと暮らす自宅兼スタジオに男を住まわせ、彼を“ポチ男”と名付ける。ある日のこと、ポチ男が初めて耳にした曲を無意識のまま口ずさむのを見て、改めて彼の才能を確信したカスミ。折しも赤犬のボーカル・タカアキが交通事故で全治二ヶ月の怪我を負い、メンバーが騒然とする中、カスミは「歌え、ポチ男」と命令して——。

【公開】2015年2月14日(土)より、TOHOシネマズ天神、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13ほかにて全国順次公開

【オフィシャルサイト】http://misono.gaga.ne.jp/
 




©2015『味園ユニバース』製作委員会

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP