ショッピング

吸い込まれそうなほど魅惑的な“出西ブルー”、『出西窯展』開催中!

※このイベントは2015年3月8日(日)をもって終了しました。

2015年02月03日 18:00 by 山内淳

島根県出雲市斐川町出西(しゅっさい)。出雲の西部にある「出西窯(しゅっさいがま)」は、袖師や丹波、益子、唐津などで修業を積んだ5人の青年により、1947(昭和22)年に開かれた窯元です。民藝運動を提唱した柳宗悦やイギリス人陶芸家のバーナード・リーチ、河井寛次郎、浜田庄司といった面々の指導を受け、モダンな作風で独特な世界観を切り拓いています。

現在、出西窯では陶工とスタッフを合わせて約20名。今でも民藝の心を礎に「丈夫で飽きのこない、安価で提供できるものこそ多くの人が喜んで使ってもらえる」との共通理念で製作されています。土や釉薬は島根県産を使い、すべて自家調合。創業以来、登り窯を焚き続けており、薪も地元の松の割木を使用するなど、島根県産の素材にこだわっています。窯主を持たず、陶工たちが一つひとつの工程を共同作業で行なうのも特徴的です。

今回、『H.L.D.』では独特の青い色味を持つ陶器を中心に展開。この鮮やかな瑠璃色は“出西ブルー”と呼ばれ、出西窯を代表するカラーです。まるで芸術作品のように美しいブルーに惹かれますが、出西窯ではあくまで「道具としての使いやすさ」を追求。温かみがあって手に馴染みやすく、存在感はあるけど主張し過ぎず料理を引き立たせてくれます。

日常的な暮らしの中で使う手仕事の日用品に美しさを見出す「用の美」。実用を求めて行き着いたところに美があるとする、民藝運動の思想を元に生まれた出西窯の魅力に触れてください。




【1】平皿、深皿、深鉢など“出西ブルー”の器はさまざま
【2】バーナード・リーチの指導で生まれた「エッグベーカー」は直火もOK
【3】柳宗悦の子でプロダクトデザイナーの柳宗理による「柳宗理ディレクション出西窯シリーズ」も展開

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

出西窯展EVENT

期間 ~2015年3月8日(日)

プレイス情報PLACE

H.L.D.(エイチ エル ディ)

住所 福岡市中央区渡辺通4丁目6−20 星野ビル1F
TEL 092-718-0808
営業時間 11:30〜19:30
定休日 不定
URL http://www.hld1955.com/
PAGE TOP