グルメ

韓国風唐揚げをメインにした韓国料理店がオープン!

2015年01月30日 15:00 by 山内淳

韓国で「フライドチキン」と呼ばれる料理を看板メニューに据えた『coccori庵(こっこりあん)』が、昨年12月渡辺通にオープンしました。日本のファストフード店でも馴染みがある「フライドチキン」は、韓国の家庭でよく食べられているポピュラーな料理なんだそう。店主のイ・ミンホさんはソウル出身。韓国にも近く、韓国料理店も多いことから天神への出店を決心したそうです。

主役となる鶏肉は九州産にこだわり、冷凍ものは一切使用していません。特製ダレに48時間も漬け込むことで、味わいの奥深さと豊かな香りが口の中に広がります。3種のハーブを使用した「ハーブクリスピーチキン」、それを甘辛ダレに絡めたもので韓国では「ヤンニョムチキン」の名で親しまれている「ハーブスイートクリスピーチキン」、ニンニクが効いた「ニンニク醤油チキン」、ピリ辛に仕上げた「辛醤油チキン」の4種があり、それぞれ手羽先、手羽元、モモ肉、ムネ肉の部位を食べ比べることができます。

日本の唐揚げとは異なりますが、お酒との相性がいいのは共通。ビールや焼酎はもちろん、チャミスルやマッコリもあります(飲み放題は2時間1,900円)。そのほか、チヂミやトッポギ、ナムル、純豆腐チゲなど定番の韓国料理も揃っています。


【1】カウンター8席、テーブル8席のこぢんまりとした造り。「クリスピーチキン」は4ピース850円〜、8ピース1,640円〜
【2】電気ビルの裏通り。飲食店が立ち並ぶスポットにオープン

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

PAGE TOP