@babachan0223の福岡飲食店伝説

フクオカ系コーヒーチェーン!?の巻

2014年12月25日 08:00 by 馬場健治

メリークリスマス!みなさまいかがお過ごしでしょうか?大晦日まであと数日。1年経つのはあっという間です。さて、今回はコーヒーチェーンのお話です。現在、大手コーヒーチェーンが福岡市内に何店あるか知っていますか?大手の各社HPによると、スターバックスが26、タリーズが8、シアトルズベストが7の41店舗。そのうち、中央区にはスターバックス12、タリーズ3、シアトルズベスト2の17店舗です。特に天神は店舗の立地がいいのか、スタバの看板をたくさん見るような気がしますね。上記3社は一時期、シアトル系コーヒー日本上陸なんて、新聞に書かれていたりして、一大カフェブームになった訳ですが、福岡本社で大手チェーンに立ち向かい、多店舗展開していた「ロザリアンコーヒー&ティー」福岡市役所前店も今年、ついに閉店してしまいました。

そんななか、頑張っているのがスペシャルティコーヒーを福岡に根付かせた「ハニー珈琲」。清川本店は焙煎豆の販売とテイクアウトが中心でイートインができるテーブルは2つしかないものの、福岡センタービルへの「カフェミエル」「リトルハニー」の出店以降、今年は、テーブルでテイクアウトが楽しめる「ハニー珈琲VIORO店」、「リトルハニー大名店」。来年アタマには「リトルハニー藤崎店」オープン予定と、直営、FC合わせて店舗を着実に増やしています。ここで修行した人がFCオーナーになったり、自分のお店を開いたりしているようで、ハニー珈琲も自家焙煎のコーヒー豆を卸す取引先が増えるのでウイィウィンの関係なのでしょう。薬院の「RECコーヒー」も、ハニーの豆を使っています。

春吉、大名、柳橋に店がある「マヌコーヒー」は、オオカミコーヒーブランドでの自社焙煎で店舗を展開。独特のオシャレな空気感がある空間にファンが多いカフェです。東区に「ミマツ スペシャリティコーヒー コーヒーロースター」「バアル ミマツ」を出店する美松珈琲貿易は、老舗の焙煎販売会社。このハニー、REC、マヌ、ミマツに、千代県庁口の「タウンスクエアコーヒーロースターズ」がここ4〜5年の福岡のカフェ文化を作っているような気がしますね。豆にこだわり、焙煎にもこだわっているのが特徴です。

個人的には天神の昭和通り近くにある「ECRU」のようなコーヒースタンドが、都心の四つ角や公園の前などにもっと増えたらいいなと思います。

という訳で「フクオカ系」のカフェチェーン、大手シアトル系に負けずに頑張って欲しいですネ。それではまた、来年もよろしくお願いします。
ハニー珈琲清川本店では、販売している豆の殆どを試飲できる。

取材・文:馬場健治
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP