イベント | アート

ウルトラマンもカネゴンもバルタン星人も…!《特撮》に情熱を注いだ芸術家、成田亨の回顧展

※このイベントは2015年2月11日(水・祝)をもって終了しました。

2014年12月22日 08:00 by JUN

「ウルトラマン」に代表される、日本が誇る特撮キャラクターの数々を生み出した美術家、成田亨(1929〜2002)史上最大の回顧展が、福岡市美術館で開催されます。

気鋭の彫刻家だった彼は、武蔵野美術大学在学中にアルバイトで映画『ゴジラ』(1954年)の制作現場を手伝ったことをきっかけに、彫刻制作の傍ら特撮映画の世界にも身を置くようになりました。以降、特撮テレビ番組『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』では、主人公の超人、宇宙人、怪獣、そしてメカニックやセット等のデザインを一手に引き受けます。誕生して半世紀が経過しようとしている「ウルトラマン」「バルタン星人」「ガラモン」などのキャラクターが、今もなお世代を超えて親しまれているのは、彼が芸術家として吸収し培った造形センスを、惜しみなく怪獣デザインにつぎ込んだからに他ならないと言えるでしょう。

『ウルトラ』の仕事ばかりに注目が行きがちな成田亨ですが、特撮関連の仕事に注力する一方で、絵画や彫刻への情熱を一層高め、多数の油彩画、水彩画を描きました。古今東西のモンスターへの関心を深めた彼は、モンスター関係の作品も数多く制作。それは1990年制作の巨大彫刻『鬼モニュメント』に成就しています。

本展は、青森県立美術館所蔵のウルトラ関係デザイン原画187点をはじめ、『突撃!ヒューマン!!』『円盤戦争バンキッド』など、特撮関連のデザイン原画や未公開の怪獣デザイン原画、手元に遺した絵画、彫刻、そして本展のために再現された特撮セットも加え、総点数約700点を展観し、非凡なる才能を秘めていた奇跡の芸術家・成田亨の知られざる全貌に迫る展覧会です。


★関連イベント★(いずれも聴講無料)
【記念講演会】
※《1》《2》《3》とも会場は福岡市美術館講堂(定員240名)
《1》成田流里氏 (成田亨夫人)・成田カイリ氏(俳優)
成田亨の人と芸術について、奥様の流里氏と、ご子息であるカイリ氏に、家族ならではのエピソードを交えながらお話し頂く講演会。
●日時:2015年1月6日(火)14:00〜
※事前申し込み不要

《2》椹木野衣氏(美術批評家、多摩美術大学教授)
いち早く成田亨の芸術家としての才能に注目してきた椹木氏が、美術批評家の視点から成田芸術の特質を明らかにします。
●日時:2015年1月17日(土)14:00〜
※事前申し込み不要

《3》村上隆氏(アーティスト)
※事前申し込みが必要です
「芸術家の誕生までの不思議—成田亨の場合」
最も影響を受けた芸術家のひとりとして成田亨を挙げる村上隆氏は、世界を舞台に活躍中のアーティスト。今回はアーティストとしての視点から成田芸術の真髄について語って頂きます。
●日時:2015年1月31日(土)14:00〜

【ワークショップ、ギャラリートーク】
《4》「星人の日」特撮ワークショップ
※事前申し込みが必要です
成人の日=星人の日!?人が子どもから大人に変身する「成人の日」にちなみ、“変身”をテーマに短編特撮映像ワークショップが開催されます。
●日時:2015年1月12日(月・祝)10:00〜16:00
●講師:黒岩俊哉氏(九州産業大学芸術学部教授)
●定員:20名(小学校5年生以上が対象)
●会場:福岡市美術館教養講座室

《5》ややマニアックな?ギャラリートーク
本展を企画担当した学芸員が、展覧会場でややマニアックな?ギャラリートークを開催。聴講には本展観覧券が必要です。
●日時:2015年1月10日(土)/2月7日(土)各日14:00〜
●講師:山口洋三(福岡市美術館学芸員)
●会場:福岡市美術館特別展示室A(本展会場)
※事前申し込み不要

☆イベント《3》,《4》のお申し込み方法☆
メールにてお申し込みください。メールの件名欄に、《3》は「村上隆講演会」、《4》は「星人の日ワークショップ」と記入し、本文に氏名、住所、電話番号、Eメールアドレスを明記して宛てに送信してください。
※お申し込みはメール1通につき1名まで。
※お申し込み締め切り…《3》は1月16日(金)、《4》は1月7日(水)必着。




【1】《ウルトラマン》1966年 青森県立美術館蔵

【2】(左)《ヒューマン1号、2号》1976年 個人蔵

【3】(上)《カネゴン》1993年 個人蔵
(下)《エキゾスカウト発進》1980年代 個人蔵

【展示期間:2015年1月6日(火)〜2月11日(水・祝)】

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

成田亨 美術/特撮/怪獣EVENT

期間 2015年1月6日(火)~2015年2月11日(水・祝)
時間 9:30〜17:30(入場は17:00まで)
料金 一般-1,200円(1,000円)、大学・高校生-800円(500円)

※( )内は前売り、20人以上の団体および満65歳以上の方の割引料金。満65歳以上の方は、チケット購入時に年齢が分かる物【健康保険証、運転免許証等】を提示してください。

≪前売券のお求め方法≫

チケットぴあ(Pコード766-489)、ローソンチケット(Lコード81347)、セブンチケット(セブンコード034-483)ほか、主要プレイガイドにて発売。

※前売券は1月5日(月)まで販売。以降、会期中は当日料金にて販売。



◎下記該当者は観覧無料

・小中学生以下の方、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名。

・特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾患医療受診券の提示者。

 
主催者URL http://www.fukuoka-art-museum.jp/narita/
●会場:福岡市美術館

●休館日:毎週月曜日、1月13日(火)《1月12日(月)は祝日のため開館》
お問い合わせ 福岡市美術館(TEL:092-714-6051)
PAGE TOP