ファッション

〈G-Star RAW〉西日本最大のショップが大名にオープン!

2014年12月19日 18:00 by 山内淳

1989年にオランダのアムステルダムで設立し、世界規模で展開するヨーロッパを代表するデニムブランド〈G-Star RAW(ジースター ロゥ)〉。11月7日にブランドの世界観を表現した西日本最大の売り場面積を誇る九州初の路面店がオープンしました。

〈G-Star RAW〉といえばブランド名にも冠されている通り、“RAW DENIM”つまりウォッシュ加工や防縮加工などの加工が一切施されていない“生デニム”が有名。生デニムが持つ風合いや色落ちによる新しいデニムの楽しみ方を提案する一方で、現代的にアップデートされたウォッシュ加工にも力を入れています。それに加えて、世界で初めてデニムに立体裁断(3D)を取り入れ、デニムの世界だけに留まらない新しい商品づくりが魅力のブランドです。

路面店だけの取り扱いとして挙げられるのが、高級ラインの〈RAW ESSENTIALS(ロゥ エッセンシャルズ)〉。イタリアと日本で製造されたセルヴィッジデニムを主軸とする生地にこだわり、一つひとつのアイテムに最高のクオリティーを追求しています。昔ながらの織機で手間ひまかけて作り上げたデニムは、九州ではここでしか入手できないひと際上質なデニムです。

〈RAW ESSENTIALS〉に限らず、〈G-Star RAW〉ではボタンやファスナーに至るまで、ほとんどのパーツが自社製のものを使用しています。「タイヤのホイールをモチーフにしたボタン」のように、それぞれに意味があるのでスタッフの方から話を聞くと、デザインの背景まで深く知ることができます。また、元来、ワークウエアとしてデザインされたジーンズも、二—パッチやサドルパッチを施したバイカーパンツといったように、さまざまな職業をデザインに取り入れているのも特徴です。

そして、〈G-Star RAW〉では環境に優しい商品づくりにも積極的。化学肥料と殺虫剤の仕様を控えた有機コットンに採用するほか、9月にはアーティストのファレル・ウィリアムスの協力を得て、新ライン「RAW FOR THE OCEANS(ロゥ・フォー・ザ・オーシャン)」をリリースしました。これは海洋に投棄されたプラスティックの再生糸を織り込んだデニムのコレクションで、海洋汚染の改善に取り組む長期的なプロジェクトです。

世界中で支持されている洗練されたファッションはもちろん、地球環境にも配慮したシリーズまで揃えた、豊富なラインナップをお楽しみください。




【1】1階店内中央には立体裁断ならではのシルエットやデザインが一目瞭然となるディスプレイを設置
【2】店内奥の棚に並ぶバリエーションの豊富さは圧巻です。フットウエアやアクセサリーも展開
【3】2階のウィメンズにはデザイン性の高いアイテムが多数揃っています

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

G−Star RAW(ジースター ロゥ) Fukuoka

住所 福岡市中央区大名1丁目13−18
TEL 092-711-3301
営業時間 11:00〜20:00、金・土曜〜21:00
定休日 なし
URL https://www.facebook.com/fukuoka.3301
PAGE TOP