映画作品情報

映画「ベイマックス」菅野美穂さんとベイマックスが、福岡にやってきた〜!

2014年12月19日 08:00 by JUN

謎の事故で最愛の兄を失った少年ヒロ。深い悲しみに心を閉ざした彼の前に現れたのは、兄の形見であるケア・ロボットのベイマックスだった—

『アナと雪の女王』で世界中を感動で包み込んだディズニーが贈る、優しすぎるケア・ロボットと少年の絆と勇気を壮大なスケールで描く感動アドベンチャー「ベイマックス」は、12月20日(土)より全国ロードショーです。

映画の公開に先がけ、本作の日本語吹替版でヒロの母親代わりの叔母・キャスを演じた菅野美穂さんが来福、T・ジョイ博多で行われた先行上映会で舞台挨拶を行いました。

◇◇

これまでに様々な声の仕事を経験されている菅野さんですが、映画の声優は今回が初めて。ディズニー作品に携わり、とても勉強になったそうです。たった一言の台詞であっても、何度も何度もやり直すことがあり、『終わった後は、新しいことをやった後の疲れがどっと押し寄せ、抜け殻みたいになった』とも。改めて、顔と体を使わずに声だけで演じる難しさを実感されたそうです。そんな菅野さんが演じたキャスは、明るく元気で、感情を素直に表現するキャラクター。ご自分にとって、とても近しいものを感じたとのこと。

そして、『ベイマックスがいつか現実に存在するようになったら、私のそばにも居て欲しい』と語る菅野さんの前に、なんと舞台挨拶のサプライズゲストとしてベイマックスが登場!菅野さんは『ベイマックス〜〜〜♪♪』と優しく呼びかけ、『ベイマックスは首をかしげるポーズが可愛いんですよね。マシュマロみたいでポヨンポヨン♪』とハグするなど、テンションMAX!会場の皆さんの笑顔も溢れ、楽しいひと時となりました。

完成した作品を観て、『自分のパートはハラハラしながら観ました。お話の面白さと、ベイマックスとヒロのキャラクターの魅力に引き込まれて、最後は涙が止まらなくて、観終わった後に憔悴しました』と感想を述べた菅野さん。『ディズニー作品ならではの感動があり、また、今までのディズニー作品には無いハラハラドキドキがあります。そういった意味ではディズニー映画の新しい魅力がありますし、映画館を出て、お帰りになられる際には“ほっこり”して頂けるんじゃないかと思います。どうぞ、映画を楽しんでください』と、これから映画をご覧になる皆さんへメッセージを頂きました!

◇◇

「ベイマックス」

【あらすじ】
多くの科学者が住む街・サンフランソウキョウ。幼い頃に親を亡くした14歳の天才少年ヒロは、優しい兄のタダシと共に、母親代わりの叔母・キャスの家で暮らしている。しかしある日、思いがけない事故でタダシの命が奪われ、ヒロは悲しみのあまり心を閉ざしてしまう。そんなヒロの前に現れたのは、ベイマックス。それは人々の心とカラダを守るためにタダシが作った、白くて丸くて大きい“ふわふわ”ボディのケア・ロボットだった—。おせっかいなほど一途にヒロの心をケアしようとするベイマックスに、次第に心を開いていくヒロ。危険をかえりみず、兄の死の真相をつかもうと動き出した2人の前に、未知なる強大な敵が立ちはだかる。ケア・ロボットとして人を傷つけることを禁じられているベイマックスに、大切なヒロを守りきることはできるだろうか?そして、兄がベイマックスに託した、驚くべき“使命”とは…?

【公開】2014年12月20日(土)より、TOHOシネマズ天神、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、T・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマ福岡ほかにて全国ロードショー

【オフィシャルサイト】http://disney.jp/baymax/




© 2014 Disney. All Rights Reserved.

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP