グルメ New Shop

昼夜問わず食べられる「絶品パンケーキ」♪

2012年06月12日 15:00

ニュース写真
ニュース写真
ニュース写真

若者で賑わう西通りから少し入り、歩いていると窓からホッとするような温かい灯りがこぼれる「SMALLSPACES(スモールスペース)」。今回、17年も続くお店の空間をリニューアル。内装業者の人と一緒に考えた店内は、一度スケルトン状態にし、海外の古材を床や壁に使い、アンティークなテーブルや椅子、照明をセンス良く配置。少し使い込まれたことが分かるインテリアは、古さの中に渋いこだわりが伝わってきます。

以前は夜だけの営業でしたが6月5日(火)より昼からオープン。しかも、ランチタイムという時間を設けていないので、時間を問わずハンバーガーやパスタのプレートをいただくことができます。これって遅めのランチには大助かりでは?オリジナルのピザは粉を調合し生地をこねあげ丁寧に伸ばすという手作り。工程までこだわったピザは、ぜひ味わって欲しい1皿。

スイーツ大好き女子の中で、近年ブームになっているのがパンケーキ。「スモールスペース」のパンケーキは、見た目フワフワ、食感はモチッとしていてクセになってしまう1品です。それもそのはず、自家製のさっぱりしたリコッタチーズを使っているそう。ソースもマカダミアナッツソース、ベリーソース、チョコバナナソースの3種類があります。
今回いただいたのは「ベリーソース」。ほんの~り甘い生クリームの上に、たっぷりかかった甘酸っぱいベーリーソースが口の中で絶妙にマッチします。甘さを抑えた生クリームなのでクリームだけでも食べれちゃいます♪女性だけじゃなく男性でも軽くペロリと食べることができますよ!

一緒にいただきたいドリンクは、ビールからウイスキー、ブランデー、ワイン、リキュールが何でも揃っているので、飲みだけでも使えちゃうお店です。自分が飲みたいドリンクが必ずあるし、「こんなのが飲みたいなー」とオーダー通りのカクテルも作ってもらえます。数あるドリンクメニューの中で特にオススメなのが季節に応じたカクテル。旬のフルーツを使っているそうで、今はみずみずしい桃を使っているんだとか。

店内の内装が変わっても、スタッフの気配りや気さくさは変わっていません。これからの「スモールスペース」は常連の人でも、今まで足を運んだことがない人でも、昼夜問わずオールタイムで活用できるお店です。

★★こちらもチェック!秋のスイーツ特集★★
 PC版スマートフォン版


【SMALL SPACES(スモールスペース)】
●住所:福岡市中央区大名1丁目13-12大名ことうビル1F
●TEL:092-724-3443
●営業時間:12:00~翌4:00(フードOS2:30/ドリンクOS03:30) 月曜日:18:00~翌4:00(フードOS2:30/ドリンクOS03:30)
●定休日:なし
●URL:http://small-spaces.jp/

MAP


最新のグルメNewShop情報

Bandit Fukuoka(バンディットフクオカ)
上質な音楽と食を陽気に楽しむレストランバー

春吉おでん
“がばい”おいしいおでんでお馴染みのあの店が移転

博多TocToc 焼鳥いっせい
海鮮居酒屋 TocTocの次の一手は焼鳥コラボ!

スターバックスコーヒー 天神VIORO店
希少なコーヒーが楽しめるワンランク上のスターバックス リザーブが福岡初登場!

博多魚蔵 鯖郎
未知なるうまさの“長崎ハーブ鯖”を多彩な料理で堪能

Men di Zuppa(メン ディ ズッパ)
野菜ソムリエが作る創作麺に注目!

THE HORSE’S MOUTH(ザ・ホーシーズマウス)
【THE HORSE'S MOUTH】ワインと炙り焼きが自慢のビストロ

博多豚80(とんぱち)
警固の“ヤキトン”が春吉でも食べられるように!

春吉三丁目屋台バル アカボシ
朝5時まで営業の春吉のバル。フードも300円、400円、500円の3プライスで登場!

メルカドサンミゲル
人気店が集結!新しいスタイルのバルが面白い!

リタの農園
自然の恵みをたっぷりと。ビュッフェレストラン「リタの農園」オープン

うどん 太さぶろう
博多と讃岐の良いとこ取りの麺が楽しいうどん店

もつ鍋 七山 赤坂
牛のうま味が堪能できる「テールスープもつ鍋」に開眼!

蔵元
夜景と新感覚の日本酒カクテルを楽しめるバーがオープン!

今泉 蛸笑
軽くてヘルシーな串揚げを洗練された空間で味わう

2014年3月31日以前の記事内での価格については、消費税改訂前の金額にて表示しています。
page up